乳首の黒ずみにはハイドロキノンを使うといい!使用方法を解説!

乳首の黒ずみにはハイドロキノンがいいの?

乳首の黒ずみ対策のことで悩んでいるのであれば、ハイドロキノンを使ってみるといいでしょう。ハイドロキノンというのは、メラニン色素を作られにくくしたり、今あるメラニン色素の色を薄めたりする効果があります。そもそも、なぜ乳首は黒ずみができてしまうのかといいますと、メラニン色素があるからです。メラニン色素は体内で生成されるのですが、たくさん溜まってしまうと肌がどんどん黒ずんでしまいます。そのメラニン色素を作られにくくするのがハイドロキノンちうわけです。だんだん体内のメラニン色素が減るので元の色に戻るようになるというわけです。この効果は非常に強力で、市販の化粧品に含まれているものよりもずっと効果があります。したがって、使用すればどんどん肌は元の色に戻るというわけです。また、よくハイドロキノンと一緒にトレチノインも使用されます。トレチノインというのは、ハイドロキノンの働きをサポートするのに欠かせない成分になります。したがって、乳首の黒ずみを無くすのであれば、ハイドロキノンとトレチノインの2つをきちんと塗るようにすれば効果的です。実際に使用するときは、医師の指導を守るようにするといいでしょう。

乳首の黒ずみを無くすためのハイドロキノンの塗り方とは?

乳首の黒ずみ対策には、ハイドロキノンがとてもいいのですが、ハイドロキノンは正しく塗らないと意味がありません。では、どのようにして塗ればいいのでしょうか。基本的には薄く塗るようにするといいでしょう。たっぷり塗りたいところなのですが、たくさん塗ればいいというものではありません。たくさん塗りすぎてしまうと、どうしても効果が強すぎるために逆効果になってしまいます。したがって、なるべく薄く広い範囲に塗るようにするといいでしょう。また、トレチノインを塗るときには、手ではなくで綿棒を使って塗るのがお勧めです。綿棒にトレチノインをちょっとだけ付着させ、塗るようにしましょう。ハイドロキノンの場合は指を使ってもいいのですが、トレチノインが取れないように塗るのがポイントです。乳首の黒ずみ対策のために、1日2回朝晩使用するようにしてください。なるべく間隔を空けるようにして使用しないと肌に負担がかかってしまいますので、その点は気をつけるようにしましょう。また、ハイドロキノンは医療クリニックで処方されるのですが、市販のクリームにも少量であれば入っていることがあります。乳首の黒ずみ用クリームとして使うときには、注意書きをよく読んでから使用してください。

乳首の黒ずみはハイドロキノンでケア!注意点とは?

乳首の黒ずみは、ハイドロキノンを使って無くすことが可能です。ただ、注意点があるのですが、それは長期間の使用をしないことです。ハイドロキノンだけでケアする場合でも、トレチノインと一緒に使用するときでも、刺激がとても強いために、長期間使用するのはNG行為になります。身体に耐性が付くこともありますが、それ以上に副作用のリスクの方が高くなってしまいますので、乳首の黒ずみを解消する前に身体に異変をきたしてしまうことがあります。使用期間の目安としては、3ヶ月使用したら1ヶ月ほど間隔を空けて様子を見るようにするといいでしょう。また、1ヶ月の期間を空けたら使用を再開するようにするといいでしょう。クリニックで処方してもらうときには、使用するときの注意点や量などについて医師や薬剤師から説明がありますので、それをきちんと守るようにするといいでしょう。さらに、乳首の黒ずみを確実に行いたいのであれば、毎日使用することが大事です。ときどきしか使用しないのであれば、やはり効果を発揮しないので注意しましょう。